みつい医院 :: 福岡県久留米市の内科クリニック 内科、呼吸器内科、アレルギー科、消化器内科、外来化学療法、禁煙外来

みつい医院::ホーム
予防接種

みつい医院では各種予防接種を行っております。

※ 予約も承ります。

予防接種が必要な病気ってどんな病気?

病名は知ってるけど詳しくは知らない。と言う人も意外と多いのではないでしょうか。
ここでは主な予防接種の対象となる病気のことについて簡単にご説明します。

予防接種とは?

予防接種は、こわい病気から赤ちゃんを守るためにもとても大切なことなのです。
保護者であるママが正しい知識を得て、安心して受けることこそが重要ですので、正しい知識を身に付けましょう。

予防接種の目的は、さまざまな感染症から赤ちゃんを守ることです。
赤ちゃんは生後3~6ヶ月を過ぎると、妊娠中のママからもらった抵抗力(免疫)が自然に失われていきます。
よって赤ちゃんが自分で免疫を作り、病気を予防できるようにしなければいけません。

そこで役立つのが、今回取り上げる「予防接種」なのです。
予防接種は感染症の原因となる微生物からワクチンを作り、それを接種します。
人は微生物に侵されると、体内にその免疫ができます。
その病原体に感染したという記憶が残ることで一生その病気にかからない、あるいはかかったとしても軽症で済むようになるのです。

予防接種は、この仕組みを利用しています。
また、感染症は人から人へと伝染する病気。
病気が大流行するのを食い止めるためにも、予防接種は大きな役割を果たしているのです。
現在の法律では必ずしも受けなければならない・・・というわけではなく、その判断はあくまで個人(保護者)の自由となっています。
予防接種のメリットやデメリット、役割などをよく理解したうえで赤ちゃんを病気から守るにはどうするのが最善なのかを判断しましょう。


分からないこと、気になることなごございましたら
お気軽にお問合せくださいね!